痩せたい

最近血糖値が高いな。という事で薬を飲もうか迷っています。アカルボース(グルコバイ)を勧められましたけどね。もちろんお医者様からです。さてどうしたものか・・。

意志が弱いけど痩せたい

用法を調べてみましたよ。海外なのでなんかへんなのですけど分かればいいからね。
めちゃくちゃ痩せたいまずは、お医者に行きますけどね。

表示または効果
糖尿病における食後高血糖の改善(ダイエットとし、政権を行使は、経口血糖降下剤やインスリン製品との食事や運動療法との組み合わせで十分な血糖コントロールまたは患者では達成していないだけで、それは十分な血糖コントロールを達成することができないとき)
投与量および投与量
アカルボースとして、成人では1日3回、100mgで、それは通常、食事前に経口的に与えられます。しかし、1回の耐性が確認されたら、100mgの倍数を1倍に増やして50mgを再度投与することも可能である。
ちなみに、年齢や症状によって増減があります。
投薬および投与量に関する注記
この薬は口中で分解するが、唾液や水分を摂取する口腔粘膜から吸収されないためです。 [「アプリケーションノート」を参照]
使用上の注意
慎重な報告
(注意深くこれらの患者に与える)
1。
糖尿病のための他の医薬品を受けている患者[低血糖症の症状は、組み合わせた結果として生じることがあります。 ]
2。
これらの患者の増加[息切れの歴史または開腹術の腸閉塞の病歴、時折イレウスが発生することがあります。 ]
3。
鼓腸の管理[この薬は胃腸障害、呼吸、下痢などの消化器症状を高めることができます。 ]
4。
患者[重度の肝機能障害を伴う代謝状態が不安定であり、状態の血糖コントロールが大幅に変化する可能性がある。 ]
5。
患者に投与された場合、活性物質の血未満患者4-5の正常な腎機能[外国25mL /分のクレアチニンクリアランスと比較Oおよび腎障害(本剤及び活性代謝物)の濃度が有することが報告されました2つ増加します。 ]
6。
Roemuherudo症候群、重度のヘルニア等結腸狭窄、潰瘍、腸内ガスと患者の増加を発生させるが、それは症状を悪化させることができます。 ]
7。
高齢者の患者[「高齢者を管理する」を参照]
重要な基本的な考慮事項
1。
低血糖が起こり得ることを考慮するように慎重に投与抗糖尿病薬の投与量の設定として、低用量のどちらか一方で、他の抗糖尿病薬と組み合わせて、組み合わせたこれらの物質の時間を使用することができる場合。
2。
低血糖症の症状と患者管理についての完全な説明。
3。
劇症肝炎などの重篤な肝機能障害が起こることがあります。これらは投与開始後約6カ月以内に見られることが多いため、毎月1回から6カ月後に定期的に肝臓検査を実施しています。
4。
この薬物の投与は、 “鼓腸、鼓腸”、 “風増加”のような消化器副作用が表現されています。これらは、しばしば、投与可能中止に耐えられない場合は、アカウントの削減を考慮してか、殺虫剤との組み合わせで、消化管のガスを、状況に応じて、時間をかけて通常は消えます。
5。
糖尿病と診断された患者にのみ投与することを検討する。
など糖尿病、耐糖能異常、正の尿糖、また、糖尿病のような症状(糖尿、老人性糖代謝異常、甲状腺機能障害など)は、それが病気であることに注意してください。
6。
唯一の食事と運動療法を受ける患者に投与される本剤の投与は、糖尿病の基本的な治療で、食後の血糖値、2時間値を超えるが200mg / dlを提供するために限られています。
7。
経口血糖降下剤またはインスリン製剤を用いた食事療法および運動療法と組み合わせた患者の場合、空腹時血糖値は140mg / dlを超える。
8。
この薬を飲んで定期的に血糖値をチェックし、エピソードを慎重に監視している間は、継続的な管理の必要性について常に注意する必要があります。この場合、2〜3ヶ月投与する食後血糖に対する効果に薬物が検討より適切に、(例えば、食後の血糖値として静脈血漿2時間の値は、以下が200mg / dlを制御することができない)十分ではなく、治療を意図しました変更。
なお、(160ミリグラム/ dlを超える食後血糖2時間値静脈血漿)、食後血糖値の適切な制御が得られる場合にのみ適切で経口血糖降下剤又はインスリン製剤を使用する食事療法、運動療法、またはそれに加えこれがフォローアップとみなされる場合は、薬剤を中止する必要があります。
9。
*低血糖症の症状を引き起こすことがあるので、航空に参加している患者を気遣うときは注意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です